• お手入れのコツTOP
  • 新生堂とは?
  • 唐人町店紹介
  • 天神店紹介
  • 修理メニュー
  • 合鍵作製
  • お手入れのコツ
  • お客さまの声
  • Q&A
  • お問合せ

お手入れのコツ

靴のお手入れ方法
1. 乾いた布で、泥やほこりをおとし、クリーナーで靴についている古くなった靴墨をおとします。
矢印
2. 小さいブラシで、靴と靴底のすきまに靴墨を塗りこみ、その後靴全体に靴墨を薄く塗り広げます。
矢印
3. 2〜3分たったら、やわらかい乾いた布で余分な靴墨をふき取ります。
(靴墨を塗って長期間放置すると、靴が傷む原因となりますのでご注意ください)
 
鞄など革製品のお手入れ方法
1. 革は水気をもっとも嫌います。バッグは雨の日には持たないのが一番ですが、もし、水に濡れてしまったら、乾いたタオルでこすらないで叩くように拭きながら水気を取ってゆきます。 
矢印
2. ホコリが立たない風通しのいいところで陰干しをします。雨や水に濡れたままドライヤーで乾燥させることは絶対にしないで下さい。革が硬くなったり、変形することがあります。
矢印
3. 自然乾燥後に革の種類に合った専用クリーナーで、汚れ落し、ツヤ出しをしてください。
 
皮革の種類別お手入れ
【一般の皮革】
柔らかい布で軽く乾拭き(カラブキ)してください。
【スエード】
革用消しゴムでゴシゴシしないでゆっくりと汚れをこすり落としてから、専用ブラシで毛並みをなでてねかせたり、逆からなでて起こしたりして整えてください。柔らかい布で軽く乾拭き(カラブキ)してください。
【は虫類などの皮革】
クロコダイルやトカゲなどには、専用の汚れ落し、ツヤ出しクリームで磨き上げるのも良いのですが、革と汚れの状態を把握する必要がありますので、当店や専門店などにご相談されることをおすすめします。
【エナメル加工された皮革】
汚れのない、柔らかい布で軽く乾拭きしてください。表面の汚れを取ることで、エナメル本体のツヤがよみがえります。

【合成皮革】
塩化ビニールなどの合成皮革製品はビニールや通気性の悪い袋には絶対に入れな いでください。また、ビニール製品や皮革製品などと密着させたままの保管は避けてください。 表面に塗られている樹脂がベトベトになってくっついてしまうことがよくあります。お手入れ方法は、水で薄めた中性洗剤を柔らかい布に浸して、なで拭きします。